レートが高い通過への変換


レートに極端な差があり、移動させる資産がある場合は、変更をするのも一つの選択肢です。ただし、リスクもあるので十分に気をつけて判断・実施してください。

イメージ

以下のように、他の通貨が極端にレートが高い(USDが10%でJPYが30%)場合は、手数料を払ってでも移し替えてしまうと得をする場合があります。



リスク/注意点
レート変動のリスク

高いレートというのは瞬発的である場合が多いです。20%-30%であれば、数日間続くこともありますが、40%以上が長い時間続くことはまれなため、変換後にレートが下がっているという可能性があります。

中継通過の変動リスク

直接法定通貨同士を変換できないため、仮想通貨を中継させる必要がありますが、この通貨が値下がりした場合に、損害が発生する可能性があります。

貸し出し保留のリスク

基本的に常に貸し出しをしていると、他の通貨に移す資産が無いため、貸し出しを止める必要がありますが、その期間低いレートの通貨の貸し出しが止まり利益が出なくなります。

仮想通貨売買の注意点

中継する仮想通貨を持っている場合は、売買が成立してしまうため、意図しない損益確定になる可能性があります。

円のレンディングの落とし穴

円のレートは高く見えることもあるのですが、実はうまく貸し出せない場合がありますのでご注意ください。
円貸し出しの注意点にまとめてありますので、ご一読ください